大師橋下



元々川76系統(川崎駅〜森ヶ崎)の出入庫便のために大師橋下発着便の設定がされましたが、後に蒲73系統も出入庫および運行効率化のための途中折り返し便として大師橋下止(蒲75)が設定されました。現在は川76系統の運行本数が大きく削減されたので、川崎駅〜大師橋下の運転はなくなり、蒲75系統も出入庫関連の設定はほとんどなく、便数調整の運行で蒲田方面からの折り返し運転の運行形態になっています。 道路区画を利用した折り返し形態のため折返場はありません。


戻る