京浜急行バスおもしろ情報



43.幻の八10系統


今から十数年前に和田山(横浜市金沢区と横須賀市の境)付近を通るバス路線の計画があったそうです。
当時はリエッセも導入され、京浜急行バスも割と狭隘路でもバス路線を開設して行きましたが、
この路線は構想までで残念ながら開設されませんでした。

平成14年2月1日付で廃止になった八9系統(金沢八景〜追浜駅)を置き換える予定だったのか、
一部の便だけ置き換える予定だったのか、その辺はよくわかりません。
わかっているのは金沢八景と追浜駅を結び和田山と帰帆橋を通る路線だったという事だけです。

追浜駅ののりばは4系統や追20系統、内川橋行ののりばを使用するつもりだったのでしょうか。
和田山入口交差点を右折します。右折待ちを想定して右側車線が少し広くなっています。
今は大型車は直進のみです。
結構坂が急なので、バスがあれば便利そうです。
不自然に広い歩道。ここにバスベイを作れば・・・。電柱がちょっと邪魔。
ここも広い。
ここも広いです。ただこの3箇所の広い部分、地図で見ると横浜市と横須賀市の境になっているようです。
バス停設定を意図して広げていたたわけではないのかも。
結構急なカーブも何箇所かありますが、中型車であれば問題ないですし、リエッセ、ポンチョあたりなら無理なく通れそうです。写真のカーブを曲がり右折するとすぐ追浜住宅入口停留所があります。


今この路線あったらこんな行先表示になるのでしょうか・・・。

今日歩いて見た限り、バス路線を作ること自体は難しくなさそうですが、
追浜駅からも歩いて10分程度で和田山の上まで行けそうなので、
採算がとれるほど利用が無いかもしれませんね。


まだまだ続く
目次へ
トップページに戻る